たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市

プロフィール
mayako
mayako
管理人のmayakoです。調布に住んで14年、子どもは今年小学4年生、男の子の双子です。子どもが生まれてから調布市内の色々なことを知りました。そしてピュア・ハートの誕生。
ピュア・ハートは子育て中のママも私らしく出来ることを大切にしたいという思いのメンバーが集まって結成しました。一緒に活動するメンバーも応援・調布に住むママ達も応援しながら子育てをしながら活動しています。楽しく調布で暮らして行きたい。そして子ども達が今後安心して暮らせる社会になって欲しいと願って頑張ります!男性でも女性でも誰もがいきいきとできる社会が理想です。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2012年03月15日

性別分業

3月15日 2012年の調布市男女共同参画推進フォーラムにあたり、
男女共同参画推進のための勉強会がありました。

「男女共同参画の視点とは何か」群馬パース大学内藤和美教授のお話

性別分業(性別によって行動を分ける慣行)
性別が人生において大きく影響を与える。

今まで私は普通に女性として生きて来た、
女性だからできることできないこと、しなければいけないと思って
でも、これは、男女共同参画の視点においては
ちょっとずれがあるかもと・・・

人権の尊重の点で考えると左右されてしまう、性別。

これから、もっとしっかりと女性だから、男性だからではない社会を
意識して生きて行かなければ、そして、育てて行かなければいけないと思った。

内藤先生は、「製造装置の解体」と表現されました。

女性の生き方デザインを今後もっと考えて行きたいと思いましたが、
もっと視野を広げる必要がありそうです。

今、私がこの状況でできることをしながら、
男女共同参画を考えるには、
まだまだ勉強が足りないと感じた勉強会になりました。

参加し、先生のお話が聞けてよかったです。

男性も女性も考え進むことで、変わるのかな?

能力と努力と状況に応じた分業をしくみとし、
“人間らしさ”と“その人らしさ”を規範とする社会
その人らしさを大切にできる社会










  


  • Posted by mayako at 18:33Comments(1)mayako