たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市

プロフィール
mayako
mayako
管理人のmayakoです。調布に住んで14年、子どもは今年小学4年生、男の子の双子です。子どもが生まれてから調布市内の色々なことを知りました。そしてピュア・ハートの誕生。
ピュア・ハートは子育て中のママも私らしく出来ることを大切にしたいという思いのメンバーが集まって結成しました。一緒に活動するメンバーも応援・調布に住むママ達も応援しながら子育てをしながら活動しています。楽しく調布で暮らして行きたい。そして子ども達が今後安心して暮らせる社会になって欲しいと願って頑張ります!男性でも女性でも誰もがいきいきとできる社会が理想です。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2011年02月02日

双子のママ

昨日は、調布で開催している双子の会「ダブルキッズ」でした。
1歳位の子どもとママが結構来ていて、かなりその年齢の子ども達はママの側にいないと大泣きをします。

1人だけの子どもを育てているママは、1人を抱っこすればどこへでも行けるのであまり泣かすことがなく育てることができます。でも2人・3人と子どもがいるとそうは言えない。
2人で泣いてしまっても1人しか抱っこ出来ない。

ダブルキッズでは、ただ会議室に子どもを連れたママが集まりたわいもないことをしゃべる、時にはどうしたらいいか先輩ママに聞くなどをしています。

昨日は、子ども達眠たくなり、泣く子どもが多くて、1人泣くと他の子どもも同様してなく、ちょっとつまずいて泣く。そんな状況でも、今どちらを抱っこしたらいいか?
泣いていても、ちょっとほっておいても大丈夫はみんなが分かる。
だから、泣かせていても、みんな安心していられる。

そんな心地いい、場所なのです。

私は、1人で参加するので、泣いている子どもがいたら抱き上げてあげれる、でも、
沢山になると、出来ない。でも、その場所では泣いていても大丈夫。みんなが同じ気持ちだから。

町中では、そうはいかない時がある。

子どもは泣くしかないから、眠たいときには、2人一緒に大泣き

よく、私も2人を泣かせて歩いていました。すると、どうしたの?と聞かれた。
今は気にしないけど、その頃は、それを言われるのがちょっと辛かった。

双子のママは同志なので、月1回のダブルキッズに参加して、お話ができることでかなり気持ちが楽になります。

どこにお住まいの方でも参加できます。よかったら、ご参加ください。
3月の開催日は3月17日木曜日10:30~14:00
京王線国領駅南口 ココスクエアの2階 調布市子育て支援センター 「すこやか」の会議室で開催いたします。



  


  • Posted by mayako at 06:20Comments(2)調布市内での気づき