たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  調布市 調布市

プロフィール
mayako
mayako
管理人のmayakoです。調布に住んで14年、子どもは今年小学4年生、男の子の双子です。子どもが生まれてから調布市内の色々なことを知りました。そしてピュア・ハートの誕生。
ピュア・ハートは子育て中のママも私らしく出来ることを大切にしたいという思いのメンバーが集まって結成しました。一緒に活動するメンバーも応援・調布に住むママ達も応援しながら子育てをしながら活動しています。楽しく調布で暮らして行きたい。そして子ども達が今後安心して暮らせる社会になって欲しいと願って頑張ります!男性でも女性でも誰もがいきいきとできる社会が理想です。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2010年09月09日

出産育児一時金

去年の10月頃から変わった制度です。正式運営は来年から

お産をすると直接お産した病院やクリニックにお産費用を払わないで、直接保健組合が病院やクリニックに支払われる制度です。

お産を手軽に出来る制度のように見えますが、病院やクリニックに組合からお金が入るのはお産後2カ月してからとか
すると、病院やクリニックではその2カ月間どうするのか?

そうでなくても、お産が出来る病院やクリニックでは少なくなっているのに、今後もっとその数が減るように感じます。
それに、お産で支払うお金とお産で組合からもらうお金は一緒なのでしょうか?

お産後、組合からもらったお金で他に使う計画でもいいように思います。
産後のケアのために使うなど。

お金がお産をした家庭へ動かないとお金の価値がないような、ありがたみがないように思います。

我が子が家に帰り、そして頂くお金は我が子のために使いたい思いがあります。

出産育児一時金制度??

この制度はどんな制度で国民、妊婦はなにがメリットでなにがデメリットなのかわからないで
制度が変わって運営してから、国民が困る制度であると気づく。
そうではなく、困ることや良いことをもっと国民に知らせてもらい、考えたいです。

誰もが安心して子どもを産み育てることができる社会であって欲しいです。


  


  • Posted by mayako at 05:53Comments(0)医療のこと